コンビニで買える電子タバコ「myblu(マイブルー)」! 電子タバコライトユーザーを独占か!

最近コメントでもチラホラ「myblu」の話が出ています。

私も当然知ってはいたのですが、正直あまり興味がなかったのでスルーしていたんですよね。
ただ、読者さまから「試してみて欲しい」や「比較して欲しい」との声もあったのでそれに応える為にも先日購入しましたよ。

まだ商品は届いていないで、とりあえず「myblu」がどんな商品か知らない方の為に今更ながらご紹介させていただきます。

興味のある方はご覧になって下さいね。

 

スポンサーリンク

 

「myblu(マイブルー)」とは

スクリーンショット 2018 07 04 12 35 19

知っている方も多いかと思いますが、まだご存知ない方の為にご紹介させていただきます。

「myblu」はインペリアル・タバコ・ジャパンという会社から販売されている電子タバコになります。
「インペリアル・タバコ・ジャパン」とは、世界大手タバコメーカーのインペリアル・タバコ・グループの日本法人になりますよ。

紙巻きタバコの「ウエスト」は聞いたことがあるかと思います。
その大手のタバコ会社が「myblu」という電子タバコを販売するということで注目を集めました。

 

ニコチンもタールもなし! 要はただの電子タバコ

スクリーンショット 2018 07 04 12 36 56

この「myblu」はニコチン、タールは入っていません。
私も大手タバコ会社が販売するので楽しみにしていたのですが、要は「ただの電子タバコ」なんですよ。

ネットの記事などでは「アイコス・glo・プルームテックに対抗」や「加熱式タバコ市場に参入」など書いているものがありますが、世界大手のタバコメーカーが販売したというだけで、わたし的にはまったく趣旨の違う商品だと思っています。

アイコス、glo、プルームテックは紛れもなく「タバコ」で、専用タバコにタバコ税がかかっています。

それに対してmybluは電子タバコ。
同じ大手タバコ会社が販売していても、方向性はまったく違います。

 

使用方法は専用ポッドを挿し込むだけ

スクリーンショット 2018 07 04 12 36 17

使用方法は「専用ポッド」を機器に挿し込むだけと非常に簡単です。

1個のフレーバーポッドで約300回の使用が可能です。
このフレーバーポッドは使い捨てになるので、300回吸い終わったら処分して新しいポッドを装着します。

色々なフレーバーが販売されているので、好きな時に好きな味に交換できるのはいいですね。

 

満充電まで20分で300回吸える!

スクリーンショット 2018 07 04 12 36 31

この「myblu」は非常に充電時間が短いです。
満充電まで20分、それでいて300回の使用が可能です。

突然バッテリーが切れてもモバイルバッテリーを持っていれば予備を持ち歩く必要がなくすぐに充電が完了します。

 

専用フレーバーポッドは全8種類!2個で1,080円

スクリーンショット 2018 07 04 12 36 39

【フレーバーの種類】
・メンソール
・グリーンアップル
・チェリークラッシュ
・タバコ味
・カフェラテ
・アイスミント
・マンゴーアプリコット
・タバコバニラ

価格:フレーバー2個セットで1,080円(税込み)

※1部のフレーバーは公式サイトでのみ販売

専用フレーバーは全8種あり、価格は2個セットで1,080円となっています。

1箱で計算すると540円になり、上記でも書いたように1個のポッドで300回の使用が可能になります。

うーん、これをどう思うかは個人の判断になると思いますが、例えばアイコスだと1本14吸いなので1箱で280回吸うことができます。

それに比べると吸える回数は多いことになるわけですが、アイコスは当然タバコとして吸っているので毎日500円近いお金を払うことができるんですよね。

果たしてタバコじゃない「myblu」に毎日500円以上のお金をかけることができるのでしょうか。
私は無理だと思いますし、「だったら最初からリキッド注入式の電子タバコでいいだろう」と私は思ってしまいます。

これが私がこの商品に興味を持たなかった一番の理由になります。

 

スポンサーリンク

 

最大のメリットはコンビニで購入できること!

ただ、さすが大手タバコ会社が販売した商品です。
この「myblu」はコンビニで購入することが可能なんですよ。

これは普通のVAPEに比べて大きく違う点になります。

6月4日より、すでに福岡の一部のコンビニで先行販売が開始されています。
今後の販売予定はわかりませんが、売れ行きによってはいずれ全国のコンビニで販売が開始されるかも知れません。

そうなるといつでもフレーバーを購入することができるので、人気が爆発する可能性はありますよね。

 

加熱式タバコからの移行が狙いか!?

スクリーンショット 2018 07 04 12 35 19

この度インペリアル・タバコ・ジャパンから販売された「myblu」。
大手タバコ会社が、加熱式ではなくただの電子タバコを販売するのは、何か狙いがありそうですね。

加熱式市場は「アイコス・glo・プルームテック」の独占です。
今からそこに参入するのは難しいので、今後の展開に目を付けたのかも知れません。

加熱式タバコを使用している方ならわかると思いますが、電子タバコに対して抵抗がなくなるんですよね。

特にプルームテックは元々が電子タバコなので、「プルームテックなら電子タバコでもいいよね」という方も多いかと思います。

ましてや「myblu」はフレーバーポッドを交換するだけなので敷居がかなり低いのもポイントです。

今まではネットや専門店でしか購入できなかったVAPEが、いつでも手軽にコンビニで購入できるようになったとしたら・・・これは電子タバコライトユーザーを独占できるかも知れませんね。

さらに禁煙の補助としても活躍しそうなので時代に沿った戦略といえるかと思います。

ちなみに似たような商品は他にも販売されていますので一応ご紹介致しますね。

 

リキッドが注入できる「VAPECCINO」の方がで良いような気も・・・

P1170185

こちらは私が以前にレビューした「VAPECCINO」です。

この電子タバコはタンク一体型のアトマイザーに自分の好きなリキッドを注入できます。

 

P1170176

さらに複数のアトマイザーを持ち歩けば外出先でリキッドの補充の心配がいりませんし、いつでも自分の好きなリキッドに交換することができます。

しかも味もよく蒸気もかなりでますよ。

私はまだ「myblu」を試してはいないので何ともいえませんが、もしかしたら「VAPECCINO」の方がコスト面も含めていいかも知れませんね。

「VAPECCINO」の詳しいレビューはこちらをご覧になって下さい。

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

ざっくりとでしたが、「myblu」をご紹介させていただきました。
私はまだ試していないのですが、今まで小型の電子タバコはたくさんレビューしてきましたので、まあ大体の想像はつきます。

デザインや使用方法は簡単で良さそうですし、リキッドを購入したり注入する必要もないので、超手軽に電子タバコを試したいという方には良さそうですね。

その辺りも含めて商品が届いたらレビューさせていただきますよ。

現在では公式サイト以外に、Amazonやヤフーショッピングで販売されています。

気になる方はレビューも含めてご覧になってみると良いかと思います。