ワンコインならまだイケるか!? 10月1日よりIQOS(アイコス)ヒートスティック全銘柄が40円アップの500円へ!

報道でも挙がっているのでご存知の方も多いかと思いますが、IQOS(アイコス)のヒートスティックが10月より値上げされることになりそうです。

まだ申請中なので確定ではありませんが、この値上げはほぼ間違いないでしょうね。

私としては500円ならまだ許容範囲ですが、これからのさらなる値上げに対して減煙をしていこうと思っています。

 

スポンサーリンク

 

7月25日に財務省に小売価格改定の許可申請

フィリップモリス・ジャパンは7月26日、アイコスのヒートスティック全9銘柄の小売定価改定の実施を発表しました。

これは10月1日に施行される「たばこ税の増税」にともなうもので、7月25日に財務省に許可申請をしたそうです。

財務省から認可された場合は10月1日に小売価格改定を実施する方向になります。

まだ認可は受けていませんが、これは確実に認められますよね。
事実上、10月1日からの価格アップは間違いないと思います。

 

ヒートスティック全9銘柄40円アップの500円に!

・レギュラー
・バランスド レギュラー
・メンソール
・ミント
・パープル メンソール
・スムース レギュラー
・ブレンド05
・ブレンド26
・イエロー メンソール

現在販売されているヒートスティックはこの9つになります。

財務省に認められたら、これらすべてが10月1日より40円値上がりし、500円となりますよ。

ちなみに同時期に紙巻たばこの「マールボロ」も50円値上がりします。
こちらはすでに財務省から許可がおりているみたいですね。

現在「マールボロ」は470円ですので、10月1日からは520円となります。

加熱式は現在順調に売上を伸ばしているので、値上げを40円に抑え、紙巻きタバコの「マールボロ」と20円の差をつけ割安感を出したんでしょうね。

 

スポンサーリンク

 

ワンコインならまだ許容範囲か?500円がボーダーライン

実際のところ、みなさんはこの500円という価格はどう捉えますか?

職場でも何人かに聞いたのですが、今回の500円がボーダーラインという方が多かったですね。
「500円までなら今まで通り吸うけど、これ以上になったら減煙や禁煙を考える」という感じだそうです。

私も同意見で、「ワンコインの範囲」というのは一つの基準となっていますよね。

1日1箱吸う方の場合の月の負担額は1,200円増しになり、月のタバコ代は15,000円となります。

ちなみに、サラリーマンの月のお小遣いの平均は、37,428円(2017年のデータ)らしいので、ここから15,000円を引いたら使えるお金は2万円ちょっととかなり少くなりますよ。

もはやタバコは嗜好品ですね。
今はいいですが、今後のさらなる値上げに対して、今から電子タバコを交えつつ減煙していこうかと思っています。

 

スポンサーリンク

 

減煙するなら電子タバコ「myblu」がおすすめ!

P7150716

電子タバコといえば以前にご紹介した「myblu」が活躍していますよ。

あれから「チェリークラッシュ」「タバコバニラ」「カフェラテ」「タバコ味」の4種類のフレーバーを購入しましたが、「カフェラテ」が気に入りました。
甘くてミルクコーヒーのような味で美味しいんですよ。

今は「カフェラテ」に似たコーヒーリキッドを補充したポッドと、「スーパーハードメンソール」を補充したポッドを常に持ち歩いています。

期待していた「たばこ味」は、「まったく甘みがないビターチョコ」のような味でタバコっぽさは全然ないですね。

しかも結構臭うので、嫁さんからは家で吸うのは禁止されました(笑)

電子タバコは減煙に効果がありますので、是非こちらの記事も参考にしてみて下さい。