PloomTECH+(プルームテックプラス)のカートリッジ詰め替え方法! リキッドが漏れない電子タバコとしても使えるぞ!

今回はPloomTECH+(プルームテックプラス)のカートリッジ詰め替え方法をご紹介致します。

詰め替える理由は人それぞれですが、たばこカプセルを装着するのはもちろん、「リキッドが漏れない電子タバコ」として使うこともできます。

たばこカプセルと合わせて自分好みの味にするのもアリですので、参考にしていただけたらと思います。

 

 

PloomTECH+は確実に250パフが可能!

P1270817

先日書いたPloomTECH+のレビューでもお伝えしましたが、このデバイスは電子タバコでみてもとてもよくできています。

リキッド漏れもほとんどありませんし、リキッドが直接口に入ってくるようなこともほぼありません。

 

P1270819

それは普通の電子タバコにはない、この「PloomTECH+専用カートリッジ」に秘密があります。

完全に密封されているカートリッジのおかげで蒸発することなく、たばこカプセル5個分(250パフ)は確実に使用することができるようになりました。

 

タバコ感が増したので50パフ以上使用する人が増える可能性も!

P1270818

50パフで交換するならリキッドの補充は必要ありませんが、プラスになりタバコ感が増したので50パフ以上使用する方が増える可能性があります。
そうなると、当然中のリキッドが足りなくなります。

そこでカートジッジにリキッドを補充する方法をご紹介致します。

もちろんメーカーは推奨していませんので完全に自己責任になりますよ。
一度分解したことによりリキッドが漏れてデバイスが故障するという可能性もありますので、そのあたりをご理解した方のみご覧になって下さい。

 

 

プルームテックプラスのカートリッジ補充方法

P1270829

まずはカートリッジをよく見てみましょう。
バッテリーとの接点部分側にコイルやコットンがありますので、ここから分解してリキッドを入れることになります。

あ、ちなみにPloomTECH+のレビューでも追記しましたが、カートリッジ側面にたばこカプセルの種類が書いてありました。

他のカートリッジと混ざってわからなくなった時や、補充する際はこちらで確認して下さいね。
ただ、かなり見づらいので、マジックなどで自分で書いたほうが確実ですけどね。

 

P1270833

カートリッジをさらによく見ると蓋となる部品の爪が矢印の箇所にひっかかっているのがわかります。

つまりこの部分を押せば蓋が外れる仕組みになっています。

 

P1270863

というわけで使用する道具は・・・

・カラのカートリッジ
・先の細い丈夫なもの(小型のマイナスドライバーなど)
・ピンセット
・補充用リキッド

以上になります。

 

P1270865

まずこの爪がひっかかっている部分を小型のマイナスドライバーなどで押します。
結構固いのでしっかり持って押し込んで下さいね。

 

P1270837

このように簡単に外れました。
外した蓋を確認すると画像のようになっています。

かなり固い素材なのでそう簡単には折れないと思いますが、もし折れた場合は再利用はできませんからね。

 

P1270838

蓋が取れたらあとは簡単で、ピンセットで中の部品を取り出すだけです。

 

P1270841

一応コイル部分を確認してみましたが、仕組みは基本的というか単純ですね。

リキッドが染み込んだコットンを、熱を加えたコイルにより気化させています。
やろうと思えばこのコイルも自作できますが、そこまでやるとJTさんに怒られそうなので今回はやめておきますね。

 

P1270874

ピンセットでどんどん部品を取り出していきます。
コイルの下には円形のコットン、そして画像のような仕切り蓋があり、これを取り出せば完全分解完了です。

円形のコットンはかなり崩れやすいので少し丁寧に取り出すようにしてくださね。

 

P1270875

あとは真ん中の穴に入らないように注意しながら、縁を流すように好きなリキッドを入れて下さい。

 

P1270872

今回私はメンソールカートリッジには「カミカゼ スーパーハードメンソール」を、レギュラーカートリッジには「ベプログのタバコ味」を入れてみました。

 

P1270844

入れるリキッドは何でもよいのですが、コットンにはすでに味が染み込んでいるので、なるべく同系種の味を入れたほうがよいと思います。

それでも元々入っていたリキッドの味と混ざってしまいますけどね。

 

P1270858

リキッドを入れたらバラした順番に元に戻せば完成です。
最後の蓋は爪の位置をしっかり合わせて、カチッというまで押し込んで下さいね。

 

P2050935

もとに戻す注意点としてはコイルの向きに気をつけて下さい。

画像のように蓋の裏側には電気を通す銅板が貼り付けてあります。
この銅板は蓋の表側に繋がっていて、PloomTECH+本体のバッテリーとの接点になっています。

 

P2050937

ですので、蓋の銅板とコイルが接触するように取り付けないと電気が流れませんので、銅板をコイルで挟むようにつけて下さいね。

 

P2050938

先にコイルと蓋をくっつけてからでもいいですし、最後に蓋だけ付ける場合は画像のような向きでコイルをはめ込んで蓋をすればよいかと思います。

 

P1270877

リキッドが真ん中の穴に流れ込んでしまった場合や通過した蒸気が水分化した場合、吸った時に「ジュルジュル」いうことがあります。

これは結構不快なのですが、その場合は吸口側から強く息を吹き込んで押し出してやると改善されますよ。

これでカートリッジの再利用は完了です。
それでは早速試してみましょう。

 

出力が小さいので味の出方は軽めだが、たばこカプセルを付けるいい感じ

P1270879

まずはたばこカプセルを付けずにそのまま吸ってみます。

出力が低いので味の出方は結構軽いですね。
スーパーハードメンソールは通常のリキッドよりかなりメンソールがキツイのですが、原液で吸っても弱めのメンソール程度しか味がありません。

しかしたばこカプセルを装着すると、タバコ葉にもメンソール成分が入っているのでいい感じになります。
タバコのキック感もありこれはこれでなかなかいいですね。

レギュラー系も同じように、カプセルを付けないと味が薄いですが、付けると結構いけますよ。

ただ、最初から入っているリキッドのほうが繊細な味がするように思います。

 

 

まとめ:やはり純正にはかなわないので最後の手段か!

P1270881

今回カラになったカートリッジすべてに補充してみましたが、1つにつき2〜3分程度でとても簡単にできました。

ただ、先程も書いたように純正のほうが繊細な味がします。
特にレギュラー系は「抹茶」と「ほうじ茶」の味が良いので、リキッドの補充は「たばこカプセルが余った場合のみ」と考えたほうがよいかも知れません。

電子タバコとして使う場合は出力不足は否めませんので、それならもっと高出力のものを使ったほうがよいでしょうね。

それでも味の好みは人それぞれですし、カートリッジを交換するだけというメリットもあります。
リキッドをお持ちでたばこカプセルが余ってしまったという方は試してみてはいかがでしょうか。

繰り返しますが、あくまで自己責任になりますからね。