chimanta.net

「わかりやすい」「為になる」をモットーの総合情報サイトです

IQOS(アイコス)純正灰皿「IQOS スティックトレイ」をレビュー!スリムとどっちがおすすめ?

   

今回は「今ごろ?」という声も聞こえてきそうですが、アイコスの純正灰皿「スティックトレイ」のレビューです。

しばらく品切れで購入できず、その後入荷されたので買ったのですがすっかり忘れていましたよ。

今更ではありますがこの灰皿をレビューしたいと思います。
併せて「スティックトレイ スリム」とも比較してみましょう。

 

スポンサーリンク

 

IQOS純正灰皿「IQOSスティクトレイ」をレビュー!

スクリーンショット 2018 02 01 14 20 06

今回ご紹介するのはこちらのアイコス純正灰皿「スティックトレイ」になります。

アイコスの灰皿はみなさん色々なものを使用していると思います。
私もたくさんの灰皿を試しましたが、結局のところ値段は高いですが純正に落ち着きましたよ。

やはり専用に考えられているので使い勝手が良いですね。
作りもとてもしっかりしているので、値段相応といった感じです。

1度買えばずっと使えるので、アイコスをご使用の方には私はおすすめだと思います。

それでは詳しくご紹介していきましょう。

 

しっかりした作りの「IQOS スティックトレイ」

P2010420

まずは外観からご紹介しますね。

使用されている素材は手触りから判断するとセラミックでしょうか。
実測で約213gと、薄く作られているせいか見た目ほど重たくはありませんね。

下側が大きくなっているので安定感はとてもあります。
捨てる時に手がぶつかっても倒れることはまずないと思いますよ。

 

P2010421

灰皿上部には穴が開いていてここから使用済みのヒートスティックを捨てることができます。

穴から若干臭いはでますが、鼻を近づけないとわからないレベルですので、それほど気にしなくても大丈夫だと思いますよ。

 

P2010422

底面は滑って落ちないようにゴムで加工されています。
この辺りは今までご紹介してきた純正灰皿と同じ作りになっていますね。

 

P2010423

反時計周りに回すと上下が分かれます。
吸い殻を捨てるたびに蓋を外す必要はありますが、ネジ溝の切り方が浅いので170度くらいで止まります。

何周も回す必要がなく、一ひねりで開くのでとても使いやすいですね。

 

P2010424

吸い殻が入る部分はかなり大きいです。
これなら1日に1箱以上吸う方もまとめて捨てられますので手間は少なそうですね。

 

IQOSスティックトレイは何本はいる?

P2010425

毎回灰皿ではお馴染みですが何本入るか実際にヒートスティックを入れて検証してみましょう。

手持ちのヒートスティックが2箱しかなかったのでカートンで買ってきましたよ。

 

P2010426

それでは1本ずつ入れていきますよ。
何本入ると思います?

 

P2010427

まず1箱入りました。
20本入れる間に中のヒートスティックに引っかかることは一度もなかったですね。

それではどんどんいきましょう。

 

P2010429

あっさり2箱入りました。
30本辺りで下に溜まったヒートスティックに少し引っかかったので一回だけ灰皿を振って底をならしましたが、その後はすんなり入れることができましたよ。

 

P2010432

その後もどんどん入り、結果的には3箱(60本)のヒートスティックを入れることができました。

ただ50本辺りでかなり底のヒートスティックに引っかかります。
50本以降は1本捨てるたびの灰皿を振って底をならしながら捨てる感じですね。

 

P2010433

60本入りましたが、かなりいっぱいいっぱいですね。
実用的に使うなら50本というところでしょうか。

これでしたらヘビースモーカーの方も1日以上はもつと思いますよ。

 

P2010440

ちなみに大容量でもgloのネオスティックは1本も入りません。

縦には短いので中に落ちる前に穴に引っかかってしまうんですよね。
アイコス用の灰皿なので当たり前ですが、アイコス専用で考えた方が良いですね。

 

「IQOS スティックトレイ スリム」と比較

P2010435

アイコスの純正灰皿は今回紹介した以外に収納本数は25〜30本のスリムタイプもあります。

このスリムタイプは以前に詳しくレビューしていますのでそちらを参考にして下さい。
>>iQOS(アイコス)純正灰皿「IQOSスティックトレイスリム」をレビュー!「IQOSカートレイ」とどっちがいい?

さて、この2つだとどちらがいいでしょうか。
スリムに比べるとスティックトレイは少し大きいですが、デザインとしてはどちらも良いと思いますよ。

ですのでデザインの好みはおいておいて選択の基準を本数で考えると、個人の部屋で使うなら「スティックトレイ スリム」がコンパクトで良いかも知れませんね。

1人なら25本捨てれれば十分ですしね。

奥様、旦那さまなど複数人でアイコスを使用しているご家庭は「スティックトレイ」が良さそうです。
リビングに置いても違和感がないデザインですし、横に長いので倒す心配も少ないです。

収納本数も50本くらい入るので、余程のヘビースモーカーでもない限り問題ないかと思います。

まあぶっちゃけどっちでもいいと思いますが、一応用途で分けるとこのような感じになるかと思います。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

私はgloも吸うので自宅では「IQOSカートレイ」を使用しています。
gloも自宅で使用している方はこの「IQOSカートレイ」は本当おすすめですよ。

<関連記事>iQOS(アイコス)純正灰皿「IQOSスティックトレイスリム」をレビュー!「IQOSカートレイ」とどっちがいい?

アイコスのみだったとしてどちらかを選べと言われたら、そうですね、「IQOSスティックトレイ」でしょうか。

底が大きいので安定感があるのがいいですね。
子どもが倒したりすることもなさそうですし。

アイコスの純正品はかなりしっかり作られていて使いやすいと思います。
これからアイコスの灰皿の購入を検討している方は是非参考にして下さいね。

 

スポンサーリンク

 

!AzuRoアフターステイシャル


関連コンテンツ

関連記事

楽天ウィジェット

 

 - iQOS(アイコス), 禁煙・減煙(加熱式・電子タバコ) , ,