小さくても高性能!室内用おすすめミニドローン「SHIRUI 901HS」レビュー!

IMG 8121

最近はすっかりミニドローンにはまっていて色々な物を買い漁っていますよ。

今のところ大型のドローンには興味がなく、室内で遊べるミニドローンがおもしろいですね。

現在4機のドローンがありますが、後ろの2機は以前にご紹介したものになります。
今回は手前右のミニドローン「SHIRUI 901HS」をレビューしますよ。

このドローン、小さいながら高性能でかなりおすすめです。

 

「SHIRUI 901HS ミニドローン」の特徴

P5070457

【特徴】

・手の平サイズで折りたたみ可能
・コントローラーで充電できる
・高度維持機能で安定したホバリングが可能
・多彩な機能

しばらく使用してみて、感じた特徴はこんなところでしょうか。

このコンパクトなボディに必要な機能はほとんどついています。
加えて安定した飛行が可能ですのでかなり気に入って遊んでいますよ。

 

P5070464

最初に言っておきますが、以前にご紹介した「CX-10WD-TX 」と比べると大きさはこれくらい差があります。

当然プロペラも大きくなりますので、狭い部屋なら「CX-10WD-TX 」の方が飛ばす範囲は広くなりますね。

ただ性能は「901HS」の方が上なので、「CX-10WD-TX」よりもう少し高性能な物が欲しい方にはおすすめかと思います。

 

手の平サイズで折りたたみ可能

P5070427

大きいとはいっても実際には手の平に収まる程度とかなり小型です。

デザインはちょっとステルス機っぽい感じがあり、なかなかかっこいいですよね。
飛んでいる姿は少し威圧感があります。

 

P5070460

このドローンの特徴として足が折りたためます。
折りたたむとこれだけコンパクトになりますよ。

折りたたむ箇所は結構硬めでしっかりしていますので、飛ばしていて足が勝手に曲がるようなことはありません。

ただ注意点として、壁などに激突した時は足が曲がることがありますので、衝突したら足が曲がっていないかチェックする必要がありますね。

 

P5120474

足を畳んだ状態ならコントローラーに収納することができます。
とてもコンパクトですので、カバンなどに入れて持ち運ぶ時は便利ですね。

 

付属品

スクリーンショット 2017 05 12 13 55 09

【付属品】

・ドローン本体
・コントローラー(送信機)
・スマホ取り付けステイ
・予備の羽
・充電器
・羽外し用の金具
・羽ガード
・取り扱い説明書(英語)

付属品は結構充実していますね。

以前に羽を交換しようとして、力任せに外してどっかに飛んでいったことがありますので羽を外す金具が付属しているのは嬉しいです。

 

コントローラーでも充電可能

P5120473

基本的には充電は付属の専用充電器でUSBから充電するのですが、このドローンはコントローラーからも充電することができますよ。

 

P5120475

収納場所に充電ケーブルが内蔵されていますので、コントローラーの電池を使って充電することが可能です。

公園など充電する場所がない時などこれは便利ですよね。
まあモバイルバッテリーでも充電はできますけどね。

 

P5120476

ただ問題点もあり、充電中はケーブルが邪魔をして足がたためないんですよね。

 

P5120471

ですので、充電しながら蓋をして持ち歩くということが出来ません。
これはせっかく収納できるのに残念でしたね。

充電方法はケーブルをつなぎ電源ボタンを押します。

通常なら赤いランプがつくのですが、充電中は青いランプが点灯します。
充電が終われば赤いランプに変わりますよ。

 

画質はそこそこきれい!専用アプリで撮影

P5070426 2

カメラは内蔵されていて、この手のミニドローンにしてはまあまあキレイですね。

スマホの「AppStore」や「Google Play」で”HELIWAY FPV”と検索してアプリをダウンロードし、ドローンに内臓されているWi-Fiで接続すれば撮影が可能になります。

 

IMG 8176

コントローラーを使わずにスマホで操作することも可能ですが、結構難しいですね。

Wi-Fiでペアリングするとカメラの映像が常にスマホに映し出されます。
撮影は画面の「写真アイコン」「動画アイコン」をタップすると撮影が開始されます。

注意点として、先にペアリングした方が優先されます。
コントローラーを使う場合は、まずコントローラーとドローンをペアリングしてからスマホのWi-Fiと接続して下さい。
先にWi-Fiを接続すると、アプリでの操作が優先されコントローラーが無効になってしまいますよ。

 

IMG 8197

ちなみにこのドローンで撮った写真はこんな感じです。
サイズは640×480

もちろん納得のいく画質ではないですが、おもちゃの割にはそこそこ見れるレベルだと思いますよ。

 

P5070452

付属のステイでコントローラーにスマホを取り付けることができますよ。
ちょっと頭が重くなりバランスが悪いですがそこはご愛嬌というところでしょう。

 

操作方法

P5070421 2

操作方法なのですがボタンがいっぱいありますので少々混乱します。
わかりやすくグループで分けてご紹介しますね。

【①】
右:回転(その場で激しく回転します)
左:コントロールスピード調節

【②】
右:離陸
左:着陸

【③】
右:ヘッドレスモード
左:ワンキーリターン

【④】
左右トリム

【⑤】
前後トリム

360度フリップ:右スティック押し込み→前後左右

このような機能があります。
コントローラーでの操作はモード2のみとなり、スマホで操作する場合はアプリ内でモード1-2の変更が可能です。

①-左は「Low」「Medium」「High」と3段階でコントローラーの感度の調整が可能です。
「High」にするとかなり感度が良く少しの操作で機敏に動きます。

外では「Medium」か「High」で、家では「Low」でと使い分けれるので便利ですよ。

③-右はヘッドレスモードです。
ラジコンはこっち向いている状態だと操作が逆になりますが、このモードは自分を中心にコントローラー通りに動かすことができます。

自分撮りをする時に非常に便利ですし、遠くに飛ばしてドローンがどっちを向いているのかわからなくなった時にこのモードにすれば、右スティックを手前に倒すと必ずこちらに戻ってきますよ。

④⑤はトリム調整です。
高度維持機能が付いているので手を離してもその場でホバリングします。
ホバリング状態で機体が流れる場合、この機能でその場でホバリングするように調整することが可能です。

 

スタンバイ〜離陸〜着陸・キャリブレーション

離陸方法

P5070421 4

ドローンの電源を入れてからコントローラーの電源を入れると自動でペアリングされます。

スティックを「ハの字」(左スティックは左下、右スティックは右下)に数秒入れるとドローンが起動しプロペラがその場で回転します。

その状態で②-右の「離陸」ボタンを押すと飛び立ちホバリングします。

 

着陸方法

着陸は基本的に②-左を押して着陸させます。

着陸ボタンを押すと徐々に高度が下がってきますので、右スティックで操作して着陸させたい場所に誘導します。

慣れると手の平に着陸させることもできますよ。

ワンキーリターンはドローンがどこにいても自分の元に戻ってくる便利な機能なのですが、部屋で試した時は変な方向にいっちゃいますね。

外でなら機能するのかも知れませんので近いうち試してみたいと思います。

 

キャリブレーション

コントローラーの右スティックを左下、左スティックを右下に数秒入れるとキャリブレーションできます。
機体が垂直に上がらない時はキャリブレーションして公正してみると良いかと思います。

 

6〜8分の長時間飛行が可能

このドローンの良いところは飛行時間が長いことですね。

通常この手のサイズは5分くらいしか飛ばせないのですが、このドローンは6〜8分の飛行が可能です。

その分充電時間は50分前後かかりますが、1回でそこそこ満足できるくらい遊べるかと思います。

 

必ず羽のガードをつけよう

P5070454

付属の羽ガードは必ず付けるようにして下さいね。
このサイズでも家具などに当たると傷が付く可能性もありますし、何より人に当たると危険です。

ガードをつけるとケースにも入らないしサイズが大きくなりますが、慣れないうちはあちこちぶつけると思いますのでガードは必ず付けたほうが良いかと思いますよ。


 

まとめ:総評

今回も興味のない方には非常にどうでもいいレビューでしたね。
この記事を読んでドローンに興味をもった方がいるのかわかりませんが、とにかく楽しいですよ。

このドローンの総評は、素晴らしいの一言ですね。

とにかく飛行が安定していて、トリムやヘッドレスモードなど機能も充実しています。
360度フリップもその場で回転するような安定感ですよ。

手を離してもその場でホバリングする「高度維持機能」は初心者には必須ですね。
この機能があると操作が格段に楽になります。

ちょっと気になる点はコントローラーのフィット感ですね。
四角いので手に馴染まず持ちづらいです。

それ以外では、この価格、このサイズで買って後悔のないミニドローンだと思います。

以前にご紹介した「CX-10WD-TX」の方が小さくて部屋で遊ぶにはかわいいのですが、一歩高性能なミニドローンでしたらこれがおすすめだと思います。

 

Commentsこの記事についたコメント

21件のコメント
  • アイコスネイビー

    こんにちは、この大きさなら外でも楽しそうですね♪(^。^)

    先立つものが出来たら買いたいですね〜(*^o^*)

    プレ企画は案の定…(-。-;

    2017年5月17日 10:09 AM
    • chimanta

      こんばんわ。

      今度渓流に持って行って撮影してみます。
      川に落とすオチがつきそうですが。

      注意書きはアイコスネイビーさんを名指ししようかと思いましたよ 笑

      2017年5月17日 10:33 PM
  • ジョブレン

    こんにちは。

    この記事でドローンに興味が沸いてきたので質問してよろしいでしょうか。

    物欲と共に、昭和のラジコン小僧魂に火が着火されてしまいました‥(泣笑)

    ①カメラが内蔵とのことですが、アプリでのカメラ機能は何ができるのでしょうか?(飛行状態の確認・写真が撮れるとか)

    ②付属のステイに5.5インチ以上のスマホをコントローラーに取り付けると完全にグラグラしますか?

    ③着陸の操作はあるのでしょうか?

    2017年5月17日 10:43 AM
    • chimanta

      ジョブレンさんこんにちわ。

      すみません、説明が足りなかったですね。

      ①はカメラで動画、写真、飛行状態の確認ができます。
      WiFiに接続するとカメラの映像が常にスマホに飛ばされます。
      アプリで録画、写真のボタンをタップすると撮影ができますよ。

      ②は結構バランスは崩れると思います。
      頭が重たいので支えながらの操作になりますね。
      いずれにしてもスマホの画面を見ながら飛ばすのは無理なのでたまに確認するくらいになると思います。
      取り付けなくても撮影はできるますよ。

      ③は着陸ボタンを押すと降下してきます。
      降下中も操作できますので手のひらに着陸させることもできますよ。
      ワンキーリターンという機能もあり、押すと自分のところに勝手にもどってきます。
      外なら良いですが、狭い部屋だと変なところに戻ろうとするので私は使っていませんが。

      またわからないことがあったらコメント下さいね。

      2017年5月17日 11:02 AM
  • ジョブレン

    すいません。

    記事に着陸操作が記載されてましたね。

    見落とししてました。

    2017年5月17日 11:03 AM
    • chimanta

      いえ!
      ジョブレンさんから指摘されて、説明不足だと思って付け加えました。

      2017年5月17日 8:37 PM
  • ペポイ

    こんにちは^-^

    私も興味ありコメントに便乗になりますが、
    >>②は結構バランスは崩れると思います。
    頭が重たいので支えながらの操作になりますね。
    いずれにしてもスマホの画面を見ながら飛ばすのは無理なのでたまに確認するくらいになると思います。

    というのはスマホの重さで操作しにくいってことであってスマホをどこかにおいてそれを見ながら操縦は可能なのでしょうか?

    それとも映像の遅延が激しいのでしょうか?

    2017年5月17日 1:15 PM
    • chimanta

      ペポイさんこんにちわ。

      そうですね、スマホは置いておいても問題ないですよ。
      私は机の上に置いてたまに確認して録画してました。
      遅延はそれほどきにならないですね。

      2017年5月17日 1:30 PM
  • GeN

    小さいですな〜
    ぼくも高校生の頃、室内ヘリ人数ハマって飛ばしては羽おって‥ってしてましたね笑
    かれこれ10年前になるので、性能のよさに時代の進化を感じます笑

    でもやぱドローンって楽しいんですかね〜
    先日!近所の河川敷で65歳〜70歳くらいのおじいさんがドローン飛ばしててびっくりしました笑
    おこづかい貰えたら買いたいな‥笑

    2017年5月17日 10:18 PM
    • chimanta

      GeNさんこんばんわ。

      最近のミニドローンはすごい性能ですね。
      このサイズで6軸ジャイロ、高度維持までついているんですからね。

      200g以上になると飛ばすのに許可が必要になりますが、このサイズはどこでも飛ばせるので楽しいですね。
      もちろん人のいないところですけど。
      小さいドローンが自由自在に飛び回るのは楽しいですね。
      さらに撮影も楽しいのですが、そこを突き詰めると大型ドローンになるのでしょうね。

      2017年5月17日 11:13 PM
  • やま

    管理人さん、こんばんは

    本当に幅広いですね。
    ドローンはあんなに小さいんですね。50を過ぎると昔の竹とんぼのようにドローンが飛ぶんでしょうね。
    ちょっと、ボケ防止にドローンを部屋で飛ばしてみます。
    失敗しながらも、ものすごく楽しいんでしょうね。

    2017年5月18日 11:24 PM
    • chimanta

      やまさんこんばんわ。

      何万円もするなら躊躇しますが、数千円ならとりあえず買って試してみたくなるんですよね。
      ドローンは簡単に飛ばせておもしろいですよ。

      でも羽根に当たると結構痛いのでご注意下さいね。
      私は嫁さんにぶつけてめっちゃ怒られました。

      2017年5月18日 11:48 PM
  • 厚木っくま

    こんにちは!
    この記事見てほしくなり、先日購入しましたが、買って2日でバッテリーが膨らみ始めて機体が変形しちゃいました(^^;;
    これって交換対応してもらえるのでしょうかねぇ(^^;;
    楽しいおもちゃなだけに残念です(^^;;

    2017年7月2日 1:42 PM
    • chimanta

      厚木っくまさんこんにちわ。

      おそらくバッテリーの不良かと思います。
      こういう中国製はどうしても当たりハズレがありますね。

      こちらのドローンは交換したことはありませんが、他のドローンでは電話したら即交換してくれました。

      コントローラーは問題ないなら本体のみ交換になると思いますよ。

      2017年7月2日 3:35 PM
      • 厚木っくま

        ご教授ありがとうございます!
        購入店に連絡してみます。

        2017年7月2日 10:37 PM
  • とおみぎ

    ワンキーリターンの位置表示が違っているようですが・・・

    2017年8月22日 11:51 AM
    • chimanta

      とおみぎさんコメントありがとうございます。

      写真の矢印ですよね?
      確かに間違えていましたので修正致しました。
      ご指摘ありがとうございます。

      2017年8月22日 4:52 PM
  • sonton

    はじめまして。よろしくお願いいたします。
    スマホとのペアリングはどのようにすればカメラ画像が映りますでしょうか?
    アプリをダウンロードしてスマホのWi-Fi設定からWiFiUFO-XXXXXXに接続しているのですが、カメラの映像が映らず困っております。

    2017年9月18日 2:26 PM
    • chimanta

      sontonさん、初めまして。
      コメントありがとうございます。

      う〜ん方法は私も同じですね。
      私はiPhoneですが、「HELIWAY FPV」というアプリをダウンロードして、ドローンとスマホを「WiFiUFO-」で接続します。
      接続が完了したらあとは「HELIWAY FPV」のアプリを開いて「START」をタップすれば画像が映るはずです。

      断言は出来ませんが、手順通りやってもダメな場合は不具合品の可能性があるので購入したお店に相談してみた方が良いかも知れませんね。

      2017年9月18日 10:36 PM
      • sonton

        ご教授ありがとうございました。
        付属の取説にアプリ周りの説明が一切なかったので、手順に間違いがないことがわかっただけでも助かりました。
        スマホが対応してないのかもしれないので、ほかの端末で試してみてダメだったら購入店に聞いてみます。

        2017年9月22日 11:46 PM
        • chimanta

          sontonさんこんにちわ。

          あまりお力になれず申し訳ありません。
          無事ペアリング接続できるとこを祈っております。

          ところで、もしドローンに興味がおありでしたら、新しくドローン専門サイトを作りました。
          まだ作ったばかりなので記事数も少ないですが、よろしかったら遊びにきて下さい。
          トイドローンから本格的な機体の紹介やアクセサリーのレビュー、おすすめの設定などを紹介しています。

          サイトURL;droneta.net

          2017年9月24日 10:47 AM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)