chimanta.net

「わかりやすい」「為になる」をモットーの総合情報サイトです

プルームテックのたばこカプセルは電子タバコでも吸える!〜方法と感想と注意点〜

      2017/02/01

先日プルームテックの購入時期について書いたのですが読んでいただけましたでしょうか。

まだ読んでいない方は先にこちらをご覧ください。
アイコスより入手困難なプルームテック!いつ購入できる?

 

購入が困難なプルームテックですが、本体が無くてもたばこカプセルだけあれば電子タバコで代用できるんですよね。

しかし、あくまで本来の使い方とは異なる使用方法なので完全に自己責任でお願い致します。

機器の故障、体への影響については当サイトは一切責任を負えませんのでその辺ご理解の上お読み下さい。

 

【楽天広告】

 

Ploomtech(プルームテック)の仕組み

今までも何度か書いてきていますが、ここでプルームテックの仕組みを一度おさらいしておきますね。

 

P7010098

プルームテックは写真左からバッテリー・カートリッジ・たばこカプセルの3つで構成されています。

バッテリーでカーリッジ内のリキッドを霧状化し、その水蒸気をたばこカプセルに通過させて吸います。

これはたばこカプセルがなければ一昔前の電子タバコと同じ仕組です。
逆にいうと電子タバコのドリップチップ(吸口)をたばこカプセルに交換したら、プルームテックと仕組みは同じということになります。

 

PloomTECHは電子タバコで代用可能

P7140033

プルームテックの代用で有名なのは「マルマンの電子パイポ」ですが、あれはリキッド漏れがひどいらしいです。

ドリップチップの径が大体合えばほとんどの電子タバコでも代用出来ると思いますので、今回はリキッド漏れがなくVAPEとしても優秀な「eGo AIO」でご説明しますね。

この電子タバコの詳しい記事はこちら

持ち歩き用電子タバコはこれがおすすめ!eGo AIOレビュー!

 

たばこカプセルの交換方法

P7140028

説明するまでもないのですが、普段使用しているドリップチップを外して・・・

 

P7140029

プルームテックのたばこカプセルに交換するだけです。

ただですね、普通にたばこカプセルを取り付けただけですと径が合わずにゆるゆるなんですよ。
このまま使用しても吸えないことはないのですが、すぐに落っこちてしまいますので各自で一工夫する必要があります。

 

P7140031

私の方法は、たばこカプセルにセロハンテープを巻いて厚くして挿し込んでいます。
AIOの場合は大体2〜3巻くらいで丁度良いです。

交換のたびに巻くのは面倒なのですが、今のところこれが一番良い方法かなと思っています。

 

FullSizeRender

1日で1箱(たばこカプセル5個)使用する方なら、最初から5個すべてにテープを巻いておいて、乾燥しないようにラップなどでくるんでおけば良いと思います。

 

AIOでたばこカプセルを吸った感想

実際に吸ってみた感想はですね、たばこ感がすごいです
そしてプルームテックで吸うよりおいしいです。

最初の1口目はかなりキツイのであまり深く吸い込まない方が良いですよ。
紙巻きタバコで例えるとセブンスターくらいはありますね。

AIOに入れてあるリキッドの味はほんのりするくらいで、たばこカプセルの味が強くでます。
ドロー(吸った時の抵抗)もかなり重くなりますので、最初の10吸いくらいはタバコのように口吸いが良いです。
それでも十分にタバコを味わえると思います。

ドローが重くて、最初のうちは喉が筋肉痛になるかも知れませんよ。

 

【楽天広告】

 

吸い方のコツ

P7140027

当然吸っていると徐々にタバコ感が薄れてくるのですが、それにあわせて吸う量を多くして調節すると長くタバコ感を味わうことが出来ます。

最初の10吸いくらいまでは口吸いで十分です。
深く吸うとキックが強すぎて喉がいがいがします。

10〜20吸いくらいは口吸いで目一杯といった感じでしょうか。
十分にタバコ感があります。

そこから先は普段電子タバコを吸うように深く喉吸いします。
結構しっかりとタバコ感が続きます。

35吸いくらいで味がかなり薄くなりますね。
これはプルームテックも35吸いくらいから味が無くなったので、このたばこカプセルはこのくらいが限界なのでしょう。

ただ私の場合は一回に吸う回数は5〜6吸いで満足するので、1カプセルあたりで考えると5〜6本くらい吸った気持ちになりますね。

 

デメリット

デメリットとしては、もしたばこカプセルをメインに考えるとコストがかかることですね。

たばこカプセルはたばこ税がかかるので1箱460円。
それにリキッド代が加算されてしまいます。

私は今は口に合わなかったタンスの肥やしリキッドを使っています。
これをメインにするなら、水蒸気さえ出れば良いのでPGなどで「たばこカプセル専用リキッド」を作った方が良いでしょうね。

それと高出力の電子タバコを使うと、たばこカプセルの底が溶けます。
AIOでも連続で使用するとかなり熱くなり底が溶けることがありますので注意して下さいね。

 

メリット

メリットは電子タバコで簡単にニコチンを摂取できることです。

リキッドにニコチンを添加する方法だと何かと障害も多く危険もありますが、これはドリップチップを交換するだけなので非常に手軽です。

臭いもたばこカプセルがフィルターになるのか、普通なら甘い香りが充満するリキッドを使用しても、ほんのり臭う程度に抑えられます。

それとプルームテックよりはるかにタバコ感がありますので、これなら物足りないと感じることはないかと思います。

 

まとめ

冒頭でも書きましたが、本来の使い方ではないので各自の判断でお願いします。

電子タバコもたばこカプセルも持っていない方が今から両方購入するのはお金もかかるしおすすめしませんが、どちらか片方でも持っている方なら試してみる価値はあるかも知れませんよ。

「たまにニコチンを摂取したい」程度ならお金もそんなにかかりませんしね。
それにたばこカプセルは余りやすいので、余ったたばこカプセルの消費には最適だと思います。

プルームテックはしばらくは購入出来ませんので、「こういう方法もあるんだ」程度で参考にしてみて下さい。

今回紹介した電子タバコ

【eGo AIO】 フルスターターキット

 

 

【楽天広告】

 

関連コンテンツ

関連記事

楽天モーションウィジェット

 

 - 禁煙・減煙(加熱式・電子タバコ), PloomTECH(プルームテック), VAPE(電子タバコ) , ,