chimanta.net

「わかりやすい」「為になる」をモットーの総合情報サイトです

低価格イヤホンでこのレベル!?【dodocool】ハイレゾ対応イヤホン レビュー!

   

私のサイトは電子タバコがメインなのですが、たまにこういったイヤホンなどのレビュー依頼がきます。

そんなに耳が良いわけでもイヤホンに詳しいわけでもないのですが、好きなのでつい依頼を受けてしまうんですよね。

今回は2,000円を切る価格でハイレゾ対応のイヤホンです。

これ、かなり良いですよ。
低価格のイヤホンを探している方は参考にしてみて下さい。

 

スポンサーリンク

 

【dodocool】ハイレゾ対応 カナル型イヤホン

スクリーンショット 2017 03 23 9 55 45
dodocool Hi-Res イヤホン ハイレゾ対応 ステレオヘッドホン 高音質 高遮音性 3.5mmカナル型  iPhone 6 / 6s / Samsung S6 / S5 / Note 4 / Blackberry / Nexus / PC andほか3.5mmの設備に対応

【dodocool イヤホンの特徴】

・ハイレゾ対応
・遮音性も高くキレのある音
・iPhoneのSiriにも対応
・コスパ抜群

この【dodocool】 Hi-Res イヤホンは1,800円程の価格でハイレゾ対応となっています。

この価格でこのレベルのイヤホンが買えるんですね。
良い時代になったものです。

 

【dodocool】 Hi-Res イヤホン外観

P3180408

【付属品】

・イヤホン本体
・ハードケース
・S・M・Lイヤーパッド
・取り扱い説明書

付属品は必要最低限といった感じですが、この価格でケースが付いているのは嬉しいですね。

 

P3180405

しかも「dodocool」とロゴも入っていて結構しっかりしたケースです。

ファスナーの開閉はそれほどスムーズではないですが、「イヤホンを守る」という用途は十分に満たしていますよ。

 

P3180409

イヤホンのデザインはすっきりシンプルでなかなかかっこいいですね。
高級感があるとは言えませんが特に安っぽくも見えませんので、価格相応かそれ以上に思います。

 

P3180412

接続は3.5mmピンジャックストーレートタイプ。

「ハイレゾ対応」の表記はイヤホン本体ににはなく、ケーブルにタグが付いていました。

 

【dodocool】 Hi-Res イヤホン操作性

P3180411

リモコンはコントロールボタン1つとかなりシンプルです。
コントロールボタンの隣にはマイクがあります。

【コントロールボタン操作方法】

・ボタン1回押し:再生/停止
・ボタン2回押し:曲送り
・ボタン3回押し:曲戻り
・ボタン長押し:Siriが起動

操作性はシンプルで簡単です。

リモコン付きイヤホンにはよくあるタイプなのですが、ボリュームボタンはありません。

音量はポケットに入れたスマホで操作できるのでまあ良しとしましょう。

長押しすると「Siri」が起動します。
音楽を聞いている時にSiriを起動させ「今日の気温は?」や「○○に電話して」など出来るのでなかなか便利ですね。

もちろん「ハンズフリー通話」にも対応しています。

 

【dodocool】 Hi-Res イヤホンの装着感

P3180418

私は音源はiPhone7しかないので、iPhone付属のLightning変換ケーブルを使います。

 

P3180416

イヤーパッドは標準では”M”が取り付けてあります。
私は嫁より耳の穴が小さいので”S”でちょうど良いですね。

装着感は耳の穴にすっぽり入れるカナル型なのでしっかりと装着できます。

遮音性はそこそこ高めですが、カナル型では一般的といった感じでしょうか。

 

【楽天広告】

 

音質とエージング

聞き始め初期の頃はイヤホンがまだ馴染んでおらず中音がこもりがちな印象でした。

低音の響きは十分ですが、高音は少し耳障りで全体的に音が硬いです。

そこで30時間ほどエージングします。
エージングはご存知だと思いますが、車でいえば「慣らし運転」みたいなものですね。

イヤホンのドライバーユニット可動部分を「ほぐして動きやすくする」といった意味合いになります。

 

私流エージング方法

これはあくまで私のエージング方法になります。

まずてっとり早く慣らす為に「ピンクノイズ」をループ再生で1晩(8〜10時間)ほど鳴らし続けます。

ピンクノイズとは低域から高域になるに従って減衰していくノイズです。
youtubeで「ピンクノイズ」で検索すれば出てきますよ。

その後、普段聞く音楽を普段聞く音量より少し大きめの音でリピートにして再生し続けます。

2晩(18〜20時間)ほどやれば良いかと思います。

これはピンクノイズである程度幅広い周波数帯を慣らし、その後は自分のよく聞く音源の周波数帯をじっくり慣らしていく私流の方法です。

まあ素人なのであまり参考にしない方が良いと思いますが(笑)

大音量でエージングすると慣らしを通り越して劣化に繋がりますのでやり過ぎにはご注意下さいね。

 

音質

それではエージングが終わったイヤホンで音域の広いクラッシックを聞いてみますね。

いいですね、全体的に固さがとれてバランスの良い音だと思います。

高音の伸びも良いですし、こもり気味だった中音も程よく出ていますよ。
クラッシックでは低音は厚みがなくやや物足りないですが、ポップやロックなどでは十分出ていると思います。

普段私が使っているBOSEのイヤホンと比べるとどうしても低音から中音にかけての厚みがないので軽く聞こえがちですが、この価格帯なら「十分良い音」といえると思います。

※ハイレゾに関しては視聴環境がないので今回は試していません。

 

スポンサーリンク

 

総評:低価格のイヤホンならかなりおすすめ!

数万円のイヤホンと比べると、音質・厚み・広がりなどかないませんが、この価格帯ではかなり優秀なイヤホンだと思いますね。

私は普段BOSEのワイヤレスイヤホンを使っていますが、バッテリーが切れた時の為に3,000円くらいの日本製イヤホンも持ち歩いています。

ハッキリいってそれより全然音が良いので、今後はこのイヤホンを持ち歩くことにしましたよ。

気になる点は、コードが細くて絡みやすいですね。
ケースに入れずにポケットにグチャッと入れると、解く時に断線するかも知れませんのでご注意下さい。

このレベルのイヤホンが1,800円くらいで買えちゃうんですね。

Siriにも対応していますので、お手軽なイヤホンを探している方には本当おすすめです。

3月いっぱいまでクーポンコードで35%OFFになりますので是非参考にしてみて下さい。

クーポンコード:UCKLXTRY

 

スポンサーリンク

 

関連コンテンツ

関連記事

モッピー

 

 - 製品記事, 製品レビュー , ,