chimanta.net

「わかりやすい」「為になる」をモットーの総合情報サイトです

iPhoneⅩがやっときた!全画面や顔認証って実際どうなの?しばらく使ってみた私の感想!

   

発売日16時ジャストに予約したにも関わらずまったくショップから連絡がなかったiPhoneⅩがようやく入荷しました。

実際に使ってみてどうだったのか、今までのiPhoneとどう使い勝手が違うのか、大きく変更になったところをレビュー致しますよ。

 

スポンサーリンク

 

今までと大きく変更になった点

スクリーンショット 2017 11 14 9 17 30

すでに調べている方はご存知だと思いますが、おさらいの意味も含めまして今までのiPhoneから大きく変わった点を簡単にご紹介しますね。

【大きく変わった点】
・全画面になった
・ホームボタンがなくなった
・指紋認証から顔認証に
・カメラの性能が大幅アップ

ざっくりまとめるとこの4つでしょうね。

基本的な性能ももちろんアップしているのですが、私が今まで使っていたiPhone7でも何の支障もなかったので特に性能面ですごい変化したというのはあまり感じられません。

それでは実際に使用した感想を一つずつご紹介しますね。

 

全画面になった

PB100468

パット見一番の変更でもあるこの全画面。
表面をすべて画面にすることでサイズをあまり大きくすることなくiPhonePlusより大きい5.8インチを実現しています。

iPhonePlusは5.5インチですので、このサイズ感でこの大画面はとても魅力的ではありますよね。

 

PB140469

iPhone7と比較してもこれくらいしか変わりません。

私は大きい画面にしたかったのですが、手が小さいのでどうしてもPlusを持つ気になれなかったんですよね。

 

PB140470

やはり画面が大きいのはいいですね。
今回iPhoneⅩにした理由はこれによるものも大きいです。

しかし全画面になったことによりiPhoneの代名詞でもある「ホームボタン」がなくなりました。

次はそれについてご説明します。

 

代名詞ともいえる「ホームボタン」がなくなった

PB140471

iPhoneといえばこの「ホームボタン」ですよね。
ホーム画面に戻るのはもちろん、指紋認証やスクリーンショット、ダブルクリックでQUICPayの支払いなどとにかく頻繁に使用します。

 

PB140472

今までホームボタンだけを使用していたものが、「下からスワイプ」「スリープボタン」「ボリュームボタン」に役割を振り分けています。

 

ホーム画面とマルチタスク

PB140474

例えばホーム画面に戻る場合は下からスワイプします。
これは意外にすぐに慣れますし、慣れると非常に快適に操作できます。

ホームボタンを押すより使い勝手が良いと思いました。

 

PB140475

マルチタスクにするには下からスワイプして途中で止めるとマルチタスク画面になります。

マルチタスク自体は操作しやすいのですが、その後の必要ないアプリを消去するのが面倒ですね。

 

PB140476

といっても1工程増えるだけなのですが、マルチタスクの状態でアプリを長押ししてから上へスワイプしてアプリを終了します。

以前なら上にスワイプするだけでアプリを終了することができたので少しだけ面倒になりましたかね。

 

スクリーンショット

PB140477

スクリーンショットは「スリープボタン」と「ボリュームボタンの上」を同時に押します。

今まではスリープボタンとホームボタンの同時押しだったので必ず両手が必要になりましたが今回の仕様は片手でも操作が可能なのでとても簡単になりました。

先にスリープボタンを押してからボリュームの上ボタンでもいいのですが、色々試した結果「同時押し」が一番簡単ですね。

先にボリュームボタンを押してからスリープボタンだとスクショは撮れませんのでご注意下さいね。

 

Apple Payや購入方法

スクリーンショット 2017 11 14 10 52 02

Apple Payやアプリなどの購入方法は「スリープボタン」をダブルクリックします。

これはとても良いですね。
誤操作もないし、購入する感がありますので私は好きですね。

 

スクリーンショット 2017 11 14 11 04 18

コンビニなどの支払いで多用するQUICPayもスリープボタンをダブルクリック、同時に顔認証システムが作動してあっという間に支払い可能状態になります。

これも早く簡単で、何より未来感があるのでとても良いと感じましたよ。

さて次は今触れた「顔認証システム」について、その性能をご説明致しますよ。

 

顔認証システムの使い勝手

スクリーンショット 2017 11 14 11 16 18

今回の目玉機能でもある「顔認証システム」ですがこれは賛否ありそうですね。

まず私の使用環境で感想をいうと、とても素晴らしいと思います。

認証速度としては指紋認証とほとんど変わらず非常に早いです。
ロックを解除するという面ではどちらもあまり変わりませんが、その他のApple Payやネットバンクアプリなど認証が必要な場面では顔認証だとそのままの流れで認証されるので非常に使い勝手が良いですね。

ちなみに真っ暗な状態でもスマホの待ち受け画面の明かりだけでしっかりと認識することができましたよ。

 

Collage Fotor1 2

それと意外と良いと思ったのが、本人が近くにいない時にLINEやメールがきた時はただの通知として表示されます。

本人が画面を覗いて顔認証されると内容が表示されます。
これ、なかなか便利ですよね。

待受画面に通知を表示しないと気づきづらいし、かといって内容を人に見られたくない場合には最適な機能です。

 

顔認証の設定

スクリーンショット 2017 11 14 12 05 29

顔認証の「Face ID」はある程度設定することができますよ。

デフォルトでは両方オンになっていますが私は「FaceIDを使用するには〜」はオフで使用しています。
ショップの店員さんいわく、オフにした方が認証されやすくなるそうですよ。

それとサングラスを掛けた時も認証されずらいので、そういった方もオフにして使用すると良いと思います。

しかしこれは目をつぶっていると認証されない機能なので、寝ている間に奥さんにロックを解除されたくない方はオンにした方が良いかも知れませんね(笑)

その下の「画面注視認認識機能」はiPhoneを見ている時に画面が暗くなったりするのを防ぐ機能があります。

 

PB140478

これをオンにして「自動ロック」を30秒にすると、見ている時は画面が暗くならず、それ以外は自動でオフになるのでバッテリーの節約になりますよ。

 

顔認識のデメリット

スクリーンショット 2017 11 14 14 25 12

この最先端をいく顔認証システムですが結構致命的なデメリットがあります。

それはマスクをした時に認証されないことです。
マスクどころか口を手で隠しただけでまったく認証されません。

私はよほどのことがないとマスクはしないのですが、日本人はマスク率が高いのでこれはかなりのデメリットだと思います。

 

スクリーンショット 2017 11 14 14 33 42

認証されない場合はパスワードの入力で解除されますが、この辺は指紋認証の方が便利ですね。

普段からマスクを使用している方は顔認証は不向きかと思いますのでご注意くださいね。

 

カメラ性能が大幅アップ

スクリーンショット 2017 11 14 14 40 26

iPhonePlus同様、レンズは広角と望遠の2つを搭載しています。

広角レンズはF1.8、望遠レンズはF2.4とどちらもなかなか明るいレンズを使用していますね。

普通の写真は「今までよりキレイかな」程度なのですが、ポートレートがすごくいいですね。

 

IMG 9405 2
※ポートレートモード/スタジオ照明

これは子供と行った博物館ですが、薄暗かったのも関わらずかなりキレイに撮れますね。

 

IMG 9414
※ポートレートモード/スタジオ照明

我が子もとても良く撮れます。
撮影が楽しくなるのでつい無駄に撮影してしまいますね。

暗い場所でもキレイに撮影できますし背景もかなりボケますのでこれは一眼カメラの出番が減りそうですよ。

 

IMG 9493

ただこのボケは人工的に作られたものになります。
写真を見て頂けるとわかりますが、中指はアイコスと同じ距離にあるのに背景と一緒にボケてしまっていますね。

まあポートレートモードは人物を撮影するためのモードですので、人を撮る分にはそこまで気にならないと思います。

 

片手で操作するおすすめの設定

iPhonePlusより小さいとはいえサイズは少し大きくなりました。

今までのようにすべて片手というわけにはいかないので、片手派の人には不向きかも知れません。

 

PB140480

例えばコントロールパネルは右上から下にスワイプ、通知は左上から下にスワイプになります。

この操作はどんなに手が大きい人でも片手では難しいんですよね。

しかし設定によってはこういった操作が片手で出来るようになりますよ。

 

スクリーンショット 2017 11 14 18 36 58

「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」と進み、「簡易アクセス」をオンにします。

これは以前のiPhoneの「ホームボタンをダブルタップ」と同じ意味があり、画面半分が下にスライドします。

 

PB140485

この操作をすると右上、左上に簡単に届くようになりますよ。

 

PB140481

下にスライドさせる動きは最小限で済みますので、ほとんど手間が掛かからずこれはかなり使えると思います。

iPhoneⅩが片手で操作しづらいという方は是非試してみて欲しいと思います。

 

月の支払いは約3,000円くらい高くなった

今回私が購入したのは256GBですので149,280円しました。

最新の技術なので高いのはわかりますが、それにしても高いですね。
そこそこのパソコンが買えちゃいますよ。

今回は24回払いにしたので月の支払いは6,220円です。

ソフトバンクからの割引が2,810円ですので、実質負担金は3,410円/月となります。

2年間で実際に支払う金額は81,840円とかなり高額です。

保険なんかも合わせるとなんやかんやで今までより3,000円くらい月の支払いが高くなりましたね。

これは結構大きいかも知れません。

48回払いで2年で下取りする方法もありますが、それだと2年以内に買い換えることができないみたいなんですよね。
もしかしたらまた新型が出たら買い換える可能性もあるので私は24回払いにしました。

この辺はご自身の機種変の間隔に合わせて選択すると良いかと思います。

 

スポンサーリンク

 

iPhoneⅩの私の結論

PB140486

あくまで使い方によるところもあると思いますが、私の結論としては買って良かったですね。
大変満足しています。

親指1本でサッサッサと操作する感覚や顔認識システムなど次世代スマホという感じで使っていて非常に楽しいですね。

そして画面が大きいのにある程度片手で操作できるというこのサイズ感も良いと思います。

問題となるのはマスクをしていると顔認証できないのと価格ですよね。
そこがクリア出来る方には私はおすすめ致しますよ。

これからiPhoneⅩにしようか検討している方は是非参考にして頂けたらと思います。

 

スポンサーリンク

 

関連コンテンツ

関連記事

楽天ウィジェット

 

 - 製品レビュー, iPhone , ,