chimanta.net

「わかりやすい」「為になる」をモットーの総合情報サイトです

glo(グロー)は完璧!? 年内には全国展開を予定!

   

新型アイコスの販売やバージョンアップ版PloomTECHのモニターなど大きく動き出した加熱式タバコ。

それに対していまだ仙台先行販売にとどまっているグローですが、実は仙台市内では着々と動いています。

なかなか話題にならないグローに注目してみましたよ。

 

スポンサーリンク

 

gloストアで予約開始!仙台市のみで着々と動いているglo

スクリーンショット 2017 03 07 8 49 30

今まで仙台にあるgloストアとコンビニで直接並んで購入していましたが、最近はアイコスと同じようにストアの予約で購入できるようになりましたね。

 

スクリーンショット 2017 03 07 8 50 20

glo公式サイトからログインしてストア予約を申し込みます。

抽選結果をメールで受け取り、当選したら店舗で購入、外れたらまた申し込みといった感じのようです。

もちろんこの予約も仙台市在住に限りますのでご注意下さい。

購入する側の立場としては、iQOSストアのように先着順ではなく抽選なのは良いのかも知れませんね。

申し込む時間も人によっては都合があるでしょうし、何より転売屋対策としてはとても良い方法かと思います。

 

スクリーンショット 2017 03 07 8 51 04

ちなみに予約購入も一人1台限定ですので、すでに「my glo」登録している方は予約の応募できません。

予約さえできれば並ばずに購入することが可能なので、仙台にお住みの方はとても便利になったのではないでしょうか。

 

価格は割引期間延長で3,980円!期間は未定

割引期間は当初2月いっぱいまで3,980円となっていましたが、現在は延長されています。

割引終了期間は未定だそうで、しばらくはこの価格でいくそうですよ。

gloカスタマーセンターに確認したところ、割引が適応されていると断言できるのはgloストアで、コンビニなどの販売価格は各店舗の判断に任せているとのことです。

おそらくは一律で価格を揃えているとは思いますが、gloストア以外での購入の場合は事前に店舗に問い合わせた方が良いかも知れませんね。

 

ネットショップ・ヤフオクでの価格

ヤフオクの価格

スクリーンショット 2017 03 07 9 08 04

ヤフオクでは1万円前後というところです。

定価の8,000円で考えればそれほど高くはないですが、通常なら3,980円で買えるのでまあ少し高いですね。

それでもアイコスやプルームテックに比べればマシな方かと思います。

 

Amazonの価格


【正規品】glo(グロー)シルバー スターター・キット 本体 製品未登録(my glo)保証書/レシート付属 未開封

価格は19,980円。
仙台限定とはいえこれは高すぎですね。

わたし的にはこの価格ならアイコスを買ったほうが良いと思います。

gloは専用タバコのネオスティックも仙台でしか販売していないので何かと不自由があるんですよね。

アイコスならヒートスティックは全国のコンビニで販売していますのでどこでも買うことができます。

仙台市以外の方はその辺も考えて購入した方が良いかと思います。

実際私もgloは持っていますが、ネオスティックがなくなったので使用できず静かに眠っていますよ。

 

楽天の価格

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

glo グロー ・スターターキット 本体 電子タバコ  新品未開封
価格:13666円(税込、送料別) (2017/3/7時点)

楽天は上記の2つの中間で13,000〜14,000円といったところです。

ネットショップ、ヤフオクすべてに言えますが、gloストアで購入した場合は必ずその場で製品登録が義務付けられています。
※ストア以外の店舗は不明

ですのでネットで購入したgloが「製品登録できない」などのトラブルもありえますのでご注意下さいね。

※ネットショップの価格は変動が激しいので事前によく確認をして下さい。

 

スポンサーリンク

 

2017年中には全国販売を予定!

gloは2017年中には全国展開する方針です。

大都市には直営店を作り、地方はコンビニやタバコ取り扱い店で販売を予定しています。

もちろん専用タバコのネオスティックも全国販売になるので、そうなると一気に需要は増すでしょうね。

戦略として、仙台先行販売から一気に全国展開するのか、一旦その中間で主要都市で再び先行販売するのかは不明ですが、今年中には加熱式タバコの巻き返しを狙っているもようです。

プルームテックの「2017年内で東京都全域販売、2018年上半期で全国展開」と比較するとかなり早い展開です。

「gloは自信を持って革命的な製品と断言できる。
様々な面でリーダーになれると確信している」

と自信満々のBATですが、今後アイコスにどこまで迫ることができるのか見ものですね。

 

gloは完璧!?現時点で改善点はない

スクリーンショット 2016 12 13 1 12 29

2月末のニュース記事なのですが、記者の方が「グローの改善点はありますか?」と質問したところ・・・

「現時点ではない。
デザインや性能などすべての面で最高の製品だと考えている」

との返答だったようです。

自社の製品に自信を持つのは良いのですが、使用者側の立場から言わせて頂くと、少々おごりのようにも感じられますね。

タバコ感の物足りなさや味の収束の早さ、サイズや重量など改善する部分はありそうにも思えます。
加熱温度を選択できるようになると面白いかも知れませんね。

もちろん使用した人の声を聞いて、今後glo2や違うタイプの加熱式を開発する可能性もあるそうなので、私としては今後に期待したいです。

 

まとめ

PC180012

このタイミングで新型を出し何歩も先を行くiQOS。
それを追いかけ年内には全国展開するglo。
ちょっとのんびりのPloomTECH。

加熱式タバコの争いは、2017年末にはある程度の決着がついているかも知れませんね。
今後の3社の競争が非常に楽しみです。

 

スポンサーリンク

 

関連コンテンツ

関連記事

楽天ウィジェット

 

 - 禁煙・減煙(加熱式・電子タバコ), glo(グロー) , ,