chimanta.net

「わかりやすい」「為になる」をモットーの総合情報サイトです

7ヶ月で9キロのダイエットに成功!継続できるその方法を公開。

      2016/05/09

7ヶ月で9キロのダイエットに成功しました!現在も続いているその方法と経緯を公開します。

lgf01a201312211600

男女問わず人知れずダイエットをしている人って結構いますよね?

そんな太ってないように見えても実は結構肉が付いてる人。「私脱いだらすごいんです。」みたいな。

私もそのタイプで地味に自分の体型が気になっていました。

身長168cmと男性にしては少し小柄ですが体重が68キロありました。私の身長だと標準体重は61キロなんですよ。ちなみに年齢は40前半のおっさんです。

冒頭で書いてしまいましたが、ここから7ヶ月で9キロのダイエットをしました。

現在は更に少し痩せて58.5キロ。標準体重を大きく下回っているので、今は60キロまで戻そうか思案中です。

100キロの人が9キロ減量したのとはワケが違いますし、年齢もいってるので痩せづらいのは事実ですがここまで落とせました。

やったことは一つだけ。

1日トータル食事法です。
(私が勝手に名付けました)

 

スポンサーリンク

 

本気でダイエットを始めた理由

昨年1月、仕事初めで会社に行ったら一人の仕事仲間と会いました。

そいつは20代ながらだらしない体型をしていて、みんなからはデブキャラとして扱われていました。

それが一目でわかるくらいシュッとスマートになって、めちゃくちゃカッコ良くなっていました。
会う人会う人が「どうしたの!?」というくらい変わっていました。

そいつに話を聞くと「ラマダン」で痩せたとのこと。

ラマダン??

当時の私は知らなかったのですが、ラマダンとは・・・

イスラム教徒の義務の一つで、ヒジュラ暦の第9月、この月の日の出から日没までの間は食事をしないという断食の一種

要は朝、昼は食べないで夜だけ食べるってことです。

しかも飲み物はオーケーで、夜の食事は何を食べてもいいということなので(会社の仲間曰く)、これなら私にも出来そうだと思い早速始めてみました。

 

ラマダンを実践してみて

昼過ぎにはもちろんお腹が空きますが、夜まで我慢すれば食べれる!という楽しみがあるので意外と苦にはならなかったですね。

しかし、出先で仕事仲間と昼ごはんを食べる機会も多いので、断ってみんなに気を遣わせるのも申し訳ないので昼を食べる時もありました。

1週間のうち朝、昼を抜くのは3〜4日くらい。

そんな軟弱なペースで1ヶ月が経ちました。

 

ラマダンの効果

そんな軟弱なペースでも1ヶ月経つと4キロ体重が落ちていました。

久々に65キロを切ったので、喜んで更に2週間続けたのですが、そこからなかなか体重が落ちません。

しかも体重が落ちなくなったせいでモチベーションも下がり、「もういいか」という気持ちになり昼を食べる機会が多くなりました。

そうなると、当然体重は戻ってきてしまいます。

そこで思ったのは、これはずっとやり続けないと落とした体重はキープ出来ないんだ。ということ。

正直ずっとはきつい!
期間限定で1ヶ月や2ヶ月なら頑張れるけどずっとやり続けるのは不可能に近い気がする・・・。

案の定、例の痩せた仕事仲間も少しずつ戻っていましたよ。そいつもキツくなって昼を食べ始めたみたいです。

これは次の手を考えなければ・・・。
ずっと続けていけてダイエット出来る方法を。

 

私が次に実践したダイエット法

やはり食事制限は効果が大きいと実感しましたので、これは取り入れないと痩せることは不可能。

そこで、昼を食べて夜を減らすという方法にしました。

朝は食べないか野菜ジュースで、昼は普通に何でも食べてオーケーです。
ラーメン&ライスだろうがカツカレーだろうがラーメンカツ丼セットだろうが。

ただ夜を減らします。
炭水化物はとりません。

何にも食べないのはつまらないし無理なので、例えば夜のご飯がトンカツ、ご飯、サラダ、味噌汁だとすると、トンカツとサラダだけを食べます。
ご飯は食べません。味噌汁はどうしても足りないと思う時だけ食べます。

晩ご飯は常に7〜8分目に抑えていました。

要は炭水化物抜きダイエットですね。

色々試してるうちに、自分がどれだけの量で太ったり痩せたりするのかがわかってきました。

 

1日の炭水化物摂取は一食のみと決めること

炭水化物は昼食べたら夜は食べない。
逆に夜に食べるなら昼は食べない。1日に一食のみです。

炭水化物を一切摂らないと脳に必要な糖質が足りなくなるのでボーッとしやすくなるみたいですよ。

これは実体験で、頭がうまく回らなくなりました。
なので1日に一食は摂るようにした方が良いです。

 

ダイエットをしていく上での考え方

わたしが実践している3つの考え方です。

食べる量を1日のトータルで考える

例えば、「今日の夜は飲み会があるから昼は減らす」とか「夜はピザのデリバリーをするから昼を減らす」とか。

「ビールが飲みたいならその分何かを一品食べない」など細かく考えないで大体で構いませんので常に意識します。

1日で食べれる全体の量を決めて出来る限り調整します。

毎日同じ条件で体重計に乗る

私の場合は、朝起きてトイレに行ってから体重計に乗ります。

最低でも1日2回以上は体重計に乗るようにします。
大切なのは朝の体重ですが、常に意識するためにもマメに乗ることをお勧めします。

体重は毎日カレンダーなどに書く

朝の体重を毎日カレンダーに書き込みます。

私は家族で共有するためにもなるべく目につくリビングのカレンダーに書いています。

そうすると嫁がカレンダーを見て、「今日書いてないよ」とか「最近減ってないね」など共有出来ます。
健康管理にも役立ちますのでおすすめです。

ただ先日嫁の友達が遊びに来て「これ何の数字?」と聞いていました。

嫁が「旦那の体重だよ」というと、友達は最初は笑ってたのですが、どんどん減っている数字を見て「どんなダイエットしてるの!?」と詳しく聞いてきたそうです(笑)

 

5ヶ月続けた結果6キロの減量

軟弱ラマダン法をやって2ヶ月で結果3キロほど落ちました。

その後今実践しているダイエットを5ヶ月続けた結果、更に6キロのダイエットに成功しました。

7ヶ月でトータル9キロの減量!

7ヶ月で9キロか〜と思うかもしれませんが継続できる方法ということに大きな意味があります。

体重は59キロまで落ちて標準体重を2キロも下回りました。

その後は特に頑張ってるわけではないのですが、常に1日の食事量を習慣で意識して調整しているだけで、58.5キロから59.5キロをキープし現在に至ります。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

最初にラマダンを1ヶ月ほどやってみる
軟弱ラマダンでも確実に痩せるので、弾みをつけるためにもラマダンで3〜4キロ落とします。

3〜4キロ落ちたら「1日トータル食事法」を実践する
まともに食べるのは1食のみ。炭水化物も1食だけ。
感覚的には1.6食を1日で食べる感じです。

それで体重がどんどん落ち続けるなら少し増やしたり、逆に体重が落ちていかないなら減らしたり調整して、自分がどれくらいの食事量で体重が変わるか把握します。

毎日同じ条件で体重計に乗る
最低でも1日2回以上は体重を計ります。

目に付きやすい場所のカレンダーに体重を毎日書き込む
自分の状態を把握するのは大切です。
家族で共有するのも良いと思います。

私が実践したダイエット法はこんな感じです。

あとがき

特に特別なことはなく、「寝ているだけで◯キロ減った」「キノコを食べるだけで◯キロダイエット」などのようなものではなく、単純に食事制限です。

ただ食事制限するには、自分がどれくらいの量で太ったり痩せたりするのかを把握しておかなくてはなりません。

焦らず時間をかけて実践していけば必ず効果が出ますので、一年くらいかけるつもりで試してみて下さい。

痩せると服も似合うし写真写りも良くなるしで嬉しいことがいっぱいありましたよ。

まだ子供が小さいので「カッコいいお父さんでいたい」というのもありますね。

春に健康診断があるのでそれまで59キロ前後をキープして、健康面で問題がなければこのままこの体重でいきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

関連コンテンツ

関連記事

楽天モーションウィジェット

 

 - 自分ニュース(日記) ,